30歳を過ぎたら高麗人参茶を毎日飲むべし

ウーマン

毎日取り入れたい

お茶

自分でもお茶にできる

高麗人参は、薬用植物の根っこ部分を乾燥させたものであり、オタネニンジンとも呼ばれています。また、サポニンと呼ばれる栄養素が豊富に含まれており、昔から東洋のあたりでは滋養強壮剤として服用されていたのです。現在は高麗人参茶としても知られていますが、やサプリメントなどの健康食品にも配合されています。この植物の歴史は非常に古く、紀元前1世紀にさかのぼります。漢方薬として用いられ、今日に至るまで非常に重宝されてきました。海外旅行にお土産としても一般的になっている高麗人参茶ですが、お茶として飲用することで健康維持に役立てることができるようです。高麗人参は低血圧や貧血、動脈硬化、感染症の予防、脳の機能を改善したりストレスをやわらげるなど様々な効果があるとされています。また、冷え性の改善や美肌効果なども期待できることから、女性にとっても期待できる効果を持ちます。そのため、毎日の飲み物のひとつにこの高麗人参茶を飲むことで健康効果も期待できるうれしい飲み物となるかもしれません。高麗人参は多くの健康食品に配合されていますが、他にも様々な利用方法があります。お酒に漬けて薬酒にしたり、根っこを天ぷらにして食べたりもできるそうです。また、根そのものを粉末にしてお茶にすることもできます。粉末にしたものをお湯に溶くだけでも高麗人参茶になりますが、他のお茶にこの粉末を加えても飲むことができます。料理などに根を入れて食べることもできるため食べる漢方薬とも言われているようです。一般的な商品となっている高麗人参茶だけでなく、粉末にして自分の好みの高麗人参茶を作ることもできるので、日常生活に気軽に利用することができます。けれども血圧を上げる効果があるため、高血圧に人は摂取に注意が必要です。医薬品と併用する場合にも医師への確認が推奨されています。